着物関連情報

HOME【用途別】着物の種類

最終更新日:2017/11/20

【用途別】着物の種類

淡い色調の着物

着物の種類は豊富ですが、ここでは改めて着物にはどんなものがあるのかを軽く見ていくことにしましょう。
まずはフォーマルなものからです。フォーマルな着物は訪問着がすぐに思い浮かぶかもしれません。晴れ着と並ぶほど女性の中では格式が高い着物が訪問着と言われるかもしれません。それだけ美しく、そして礼装として挙げられる着物であり、結婚式などに着ていくものです。きちっとした式典などに着ていくとしたら洋服ならドレス、着物なら訪問着とイメージされるくらいに馴染み深い着物といえます。なおかつ女性の上品さを示すものともいえるかもしれません。そのため式事など以外ではほとんど着る機会のない着物ともいえますので、大事に保存しておきたいものです。
次は振袖です。成人式で女性がよく着ている着物として知られていますが、これにはちょっとした特徴があります。よく振袖は未婚女性が着る礼装と言われているのですが、本来振袖には未婚や既婚で着用の有無を決めるものではありません。振袖は若い女性の礼装であり、そのため一定の年齢を超えると着用することがなくなっていく、というものです。その線引きが未婚か既婚かに切り替わっていったため、既婚者は振袖を着ないというイメージがついてきたようです。
続いてカジュアルな着物に移りましょう。こちらは普段着として着ることが出来る着物です。その代表格といえるのが木綿の着物でしょう。昔は一般的な庶民が着ていたものであり、今でも充分普段着として使えます。着物は洗いづらいというイメージがありますが、木綿着物はそんなことはなく、繰り返し洗って着こなすことが出来ます。
夏になると浴衣を見かけるようになりますが、あれも着物の一種です。元々は湯上りに着るようなものだったのが、いつしか夏のお祭りで着ていく着物の一種、という流れに切り替わっていました。もちろん素材としても充分涼むにはちょうどいいものなので、何もおかしいことはありません。色々な柄が出ていますので、今年はこれとか、今日はこれ、と選ぶ楽しさもありますし、庶民に馴染み深い着物の一種といえます。
最後に紬というものがあります。見た目は上品さを感じさせるもので、歳を重ねた女性が着るようなイメージがあります。ですがこれは礼装として着るものではなく、普段着として着る着物のため、式事として着ていくことは出来ません。バッグを提げてお出かけしたり、食事に参加したり、といったシーンで着ていくことが出来るのが紬であり、おしゃれな着物を着てお出かけする女性にとってぴったりのカジュアル着物なのです。

一覧はこちら

着物ランキング

TOP