着物関連情報

HOME着物の雰囲気は帯締めで決まる?

最終更新日:2017/11/20

着物の雰囲気は帯締めで決まる?

着物を着た女性

着物を着こなすと普段とは印象ががらりと変わり、見違えるような自分に出会うことが出来ます。イメージに合った着物の柄を選ぶのもいいですし、その着物に合った帯を選ぶのも楽しいものです。ですが着物は帯締めもまた意識してみると、更に良くなることが多々あります。
帯締めは帯の上に結ぶことで帯を固定するために使われるものです。着物の小物の一つなのですが、これもコーディネートの要素を含む一品であることはご存知でしょうか。ただのヒモではありますが、これが侮れないのが着物というものです。ヒモを結ぶというと靴紐などがありますが、蝶結びをはじめとしてヒモはいくつかの結び方があります。それと同じように帯締めもまた結び方に種類があるのです。
シンプルなものが本結びなのですが、この結び方をマスターすることで、少しずつ派生した結び方へと切り替えることが出来ます。また式事に合わせて最後の結び目の際から重ねる房が上向きか下向きかで変えることになります。上向きの場合は結婚式といったおめでたい式事、下向きの場合はお葬式といった悲しみの場と切り替えることが望ましいとされています。
さてそんな帯締めですが、帯そのものは何かと色合いが強いものばかりです。シンプルな色をしている着物に対し、煌びやかを感じさせるデザインをしたものが多いです。もちろん落ち着いた色合いをしている帯もあり、その場合は帯締めだけが明るい色合いをしている、という組み合わせもあり得ます。様々な組み合わせのパターンが考えられる帯と帯締め。着物に慣れていない内は帯の色合いに合わせたような帯締めを選んでいくのが無難です。着物が落ち着いた色で、帯が明るい色合いならば、帯締めもまたそれに沿ったような色合いを合わせていくというものです。
慣れてくると自分の色彩感覚を活かしていくことで、着物のコーディネートを良くしていくことが出来ます。帯の色に全く使われていないような色をした帯締めを合わせたり、季節の雰囲気に合わせ、着物、帯、そして帯締めと全てをマッチさせるようにすることにより、一つの作品として仕上げたりといったことが可能になってきます。ただ帯を締めるだけの帯締めではありますが、着物において帯締めのカラーはアクセントになり得る存在です。帯と合わせるか、着物と合わせるか、あるいは全体を見て合わせるか。帯を引き締めるだけでなく、着物のコーディネートすらも引きしめかねないのが帯締めの魅力といえます。だからこそ着物の雰囲気は帯締めで決まるといっても過言ではありません。

一覧はこちら

着物ランキング

TOP