着物関連情報

HOME着物を一式揃えるには何が必要?

最終更新日:2017/11/20

着物を一式揃えるには何が必要?

赤い着物を着た若い女性

着物を一式で揃えるということもネットショップでも可能です。というよりも着物に必要なものをセットで購入するなら、ネットショップの方がお得な価格で購入出来ることが多いかもしれません。そのため初めて着物を着るならば、ネットショップでセット買いをすると、買い忘れなく揃えられるかもしれません。では着物の訪問着を例に挙げ、一式そろえるなら何が必要なのか少し確認をしてみましょう。
一式という言葉があるように、訪問着を着るためには着物と帯があればそれでいいというわけではありません。見た目こそ着物と帯が目立ちますが、その下には何もないわけではないのです。洋服には下着があるように、着物にも下着に値するものがあります。それが襦袢と呼ばれるものです。長襦袢とも言います。これを下に着ておく必要があります。長襦袢のお伴には衿芯があり、これを衿に入れて衿元を綺麗に見せます。そして長襦袢を止める帯として伊達締めを二本ほど用意しましょう。
訪問着を着る際には肌襦袢というものも必要になります。これはガーゼやサラシの素材をしたものがおすすめになっています。また半衿というものもあり、襦袢に縫い付ける変え衿があります。こちらは汚れから保護するために着用するのですが、着こなしのポイントとして刺繍をする人もいらっしゃいます。最後に裾除け。こちらは巻きスカートのような形をしており、和装の下着の一種です。
帯にまつわるものであれば、帯にしわが寄らないようにするための帯板、帯の結び目が下がったり崩れたりしないようにするための帯枕。その帯枕を包み込み、帯の上の部分を飾るようにして顔を出す帯揚げ、そして帯を固定するように結ぶ帯締めが必要になります。また必要に応じてお腹周りに巻く補正用タオルも気にしておいた方が良いかもしれません。他にも胸の大きい人は和装ブラというものがあり、無理なく胸を抑えることが出来るように作られているものが誕生していますので、チェックしておいた方が良いでしょう。
続いて腰紐。これは長襦袢と着物をずれにくくするために必要なもので、訪問着や長襦袢、そして帯の仮止めにも使うので、5、6本あれば良いとされています。最後に足袋。和装には欠かせないものですね。洋服でいうところの靴下に値するものです。足のサイズを測り、合うものを選びましょう。そして履物は草履が一般的です。靴もおしゃれのポイントと見る人もいますので、草履のデザインや紐にもこだわりがあるといいかもしれません。以上のように訪問着だけでもこれほどの物を用意する必要があります。手間はかかりますが、礼装としてしっかりと着付ける必要があるので、訪問着の着方を解説しているページや動画もチェックしておくといいでしょう。

一覧はこちら

着物ランキング

TOP